So-net無料ブログ作成

頑張れ、くまもん! [ボランティアのこと。]

本日もご訪問ありがとうございます。

熊本地震から1週間が経とうとしています。

テレビの報道も、被災地の様子や、地震のメカニズムに関する事柄から、

被災者の現状に関する内容に変わってきました。

20日ブログ1.jpg

避難所が混雑している、天井の崩落が怖いということもあるようですが、

「ペットがいるので避難所には入れない」という理由で屋外や車の中で過ごす被災者も多いようです。

犬を飼う身として、東日本大震災の時に心を痛めた事がまた繰り返されようとしてる。

…と気持ちが沈んでいた時、

敬愛するたろー母さんからメールが。

愛犬たろー君は熊本出身で、たろー君のブリーダーさんがお世話になっていて、

たろー君自身も仔犬時代にワクチン接種を受けた竜之介動物病院が、

「ペット同伴可」の避難所として病院を解放しているというお知らせでした。(新聞記事はコチラ

素晴らしい先生だな。テレビでも紹介されました。

20日ブログ2.jpg

そして、貫太&タロ兵衛が寒川時代に保護されていたJ-Taz's アニマルシェルターも、

神奈川から被災ペットの救出に向かった清川しっぽ村の方々と協力して、

行き場を失った犬たちの受け入れを始めるそうです(コチラ)。

20日ブログ3.jpg

犬3匹を抱え、その内2匹は目の見えないシニア犬なので、

私自身が何か行動して、被災地のペットを助けたりする事はできないのですが、

竜之介動物病院、清川しっぽ村、J-Taz'sアニマルシェルターへの後方支援という形で、

熊本の被災ペット、そして飼い主さんの応援ができたらと思っています。

20日ブログ4.jpg

被災者への支援が第一。当然です。

でも、私のように「犬や猫を飼っているので、ペットたちの支援がしたい」という方、

どこに送れば犬や猫たちのために役立ててもらえるのだろうか?と思いますよね。

これらの3団体は、支援物資や義援金は必ずペットたちのために使ってくれるはずです。

タッズ父は、貫太も、タロ兵衛も、悟郎ちゃんも、ミッキーも、サリーも保護し、(その他大勢も)

命をつないでくれていました。

今回も被災したコらを守ってくれるでしょう。

20日ブログ5.jpg

熊本のみなさん、熊本のペットたち、支援者のみなさま、ボランティアの方々、そしてくまもん、

頑張ってください!




応援クリック、ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

コチラへのクリックもお願いしま〜す 
犬ブログ広場へ



nice!(6)  コメント(5) 

nice! 6

コメント 5

健ハルの母

おはよ、Michyさん。
昨日もドタバタして1日があっという間に過ぎました。

竜之介病院の先生やスタッフさんたちに、とても感謝してる。
ペットは家族なのに、一緒に避難できないなんて悲しすぎるもん。
でも幸運な子たちは一部だろな・・・とも思っている。
なんとか支援できるよう、私も義援金を送ります。
私に送れる額なんて、ほんのちょっとなんだけど。
Michyさん、くまもんグッズ、たくさん持ってたのね^^;
by 健ハルの母 (2016-04-21 05:16) 

A

ペットやペットの保護に携わる所に確実に届く寄付先を探してました。
ありがとうございます!
by (2016-04-21 06:45) 

ミミ母さん

冷たい言い方に聞こえるかも知れませんが

熊本の場合は 東北と違って 原発事故がまだ起こってないので 被災された皆さまや ペット達に 微力でも お役に立つすべがあるのではないかと 考えています
by ミミ母さん (2016-04-21 13:32) 

ココママ

ニュースで子供、ペット連れの家族が車生活を余儀なくされているとやっていた所にペットの件では竜之介動物病院の記事を新聞で読んで、更に清川しっぽ村、J-Taz'sアニマルシェルター等のボランティアの方々の活動を知り被災者の皆さんに少しは心の拠り所になるのではと思いました。私も出来る事をしなくてはと思ってます。地震活動が早く落ち着いて皆さんが健康を害する事なく復旧活動が進みます様に願ってますm(__)m
by ココママ (2016-04-21 16:14) 

たろー母

Michyさんこんばんは!
東日本大震災の時にもコメントしましたが
自然の破壊力の前にはどんなに人間の英知を
もって立ち向かってもかなう相手ではなく

熊本今日も無情の風雨にみまわれて・・・
言葉もありません。
とに角1分1秒でも早く地震収束に向かって
くれることを祈るばかり

自治体も以前に比べると災害時ペット同伴での
避難所生活を大幅に緩和されているとはいえ
やはりプライバシーのない避難所生活では
ワンニャンお好きな方ばかりでないので
車中での避難生活になって!
地震等の予知能力に長けている動物たちの
ストレスはわたし達が想像する以上だそうで・・・

熊本・大分に今も頻繁に起きるゆれが
収まり復興への道筋が見えますようにと
祈るばかりです。
by たろー母 (2016-04-21 20:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。